書論研究会とは・・・

書と、書をめぐる文化の総合的な研究を目指し、併せて会員相互の親睦をはかることを目的とする研究会です。

書論研究会は昭和47年に発足して以来、我が国では数少ない書の学術的研究団体として超党派的な立場から様々な活動を続けております。研究誌『書論』は44号を数えます。

皆様方の御入会、御参加をお待ちしております。

《 会長 》 京都教育大学名誉教授・四国大学名誉教授 
                         
        杉村邦彦氏 

《 副会長 》    石田 肇氏

《 関東支部代表 》  伊藤文生氏

《 書論研究会事務局連絡先 》 >
〒615-8021 京都市西京区桂浅原町219パークテラス浅原205       
        井後尚久氏 

《 書論研究会関東部会連絡先 》
〒120-0001 東京都足立区大谷田4-5-13 
 
伊藤隆夫氏 

《 広報委員 》・・・ サイト管理
〒771-1192 徳島市応神町古川  
  四国大学文学部書道文化学科教授  

太田 剛

研究誌『書論』




クリックしてください。


金壷集
石田肇教授退休記念
金石書学論叢


本文へジャンプ
関連の
美術館・博物館
企画情報
企画・行事のご案内
広報委員 ブログ